お役立ちブログ

2022.01.18

地域密着型の店のお店こそ LINE公式アカウントを持つべき3つの理由

無料で使える! LINE公式アカウントの魅力をまとめて解説いたします。
地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき3つの理由_東京都江戸川区で広告するなら京葉十二社広告社 (5)


最近、お店に行ったときに「LINE公式アカウントの友だち追加をお願いします」と言われることが多くなりました。

ひと昔前までは大手有名企業のアカウントしかなかったような気がしますが、最近では地域密着型の小規模なお店でもLINEの案内をしています。

「LINE公式アカウント」とは簡単に言えばお店や企業が運営するLINEアカウントのことです。

メッセージの一斉配信はもちろん、1対1の個別チャットや、クーポンの配信なども行うことができます。

「LINE登録してもらっても配信する内容がない」
「売上が落ちてて、費用は掛けられない」

そう考えるオーナーさんも多く、まだ利用をしていない店舗も多いと思います。

この記事では
地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを活用するべき理由
についてお伝えしたいと思います。
 

01

無料で使える

費用対効果抜群!? 一度お店に来たことのある顧客に再来店を促す強力なツール

地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき3つの理由_東京都江戸川区で広告するなら京葉十二社広告社 (4)

 
まず初めにお伝えしたいのは
LINE公式アカウントは無料で利用することができるということです。

 
メッセージ配信数が月1,000通までという制限はあるものの、1対1でやり取りできるチャットやクーポン配信、ショップカード機能などを無料で利用することが可能です。

メッセージ配信数が月1,000通以上になった場合には、月15,000通まで配信できるライトプラン(月額固定費5,000円)を選択することで配信数を増やすことができます。

 
IT系のシステムやアプリでよく見かける初月無料というパターンと違って、効果が感じられるか無料期間を長くとって見極めることができます。
もちろん月1,000通で十分な規模のビジネスであればずっと無料ということになります。

 
クーポン券やショップカード(スタンプカードなど)を紙で印刷して使っているお店も多いと思いますが、デザイン料や印刷料、保管など手間やコストをかけていませんか?

LINE公式アカウントを開設すれば無料でそれらを利用することができます。

これだけでもう、使わない手はないですね?
 

LINE公式アカウントを持つべき理由その1

無料で利用することができる!

月1,000通までのメッセージ配信に加えて、クーポン券の配布やショップカード(スタンプカード)にも使うことができます。

02

お店のファンをつくる

定期的にお店の情報を発信して来店を促進しリピーターを生む

地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき3つの理由_東京都江戸川区で広告するなら京葉十二社広告社 (3)

 
LINEは国内8900万人が利用するメッセージプラットフォームです。

チラシやメールマガジンと異なり、LINEのメッセージは配信後比較的早く開封されることが多いと言われています。

最新情報をメッセージでお知らせしたり、クーポンやショップカードの機能を活用することで、LINEに登録している顧客に向けて効果的に再来店を促すことができます。

 
例えば、季節限定メニューの入荷や販売をお知らせすることで、興味のある方は再びお店に来てくれる可能性があります。

例えば、雨の日で客足が遠のいているときに雨の日クーポンを配信することで、まっすぐ帰宅する予定を変えて、お店に立ち寄ってくれる可能性があります。

 
InstagramやTwitterなどのSNSを活用している店舗も多いと思いますが、300人もフォローしていると、タイムラインの中でお店の投稿を見逃す可能性もあります。

LINE公式アカウントであれば顧客のLINEに直接メッセージを届けることができるので、SNSよりも配信内容を確認してくれる可能性が高いです。


LINE公式アカウントを持つべき理由その2

LINEのメッセージ配信でリピート集客が見込める!

メッセージは比較的早く確認されるので、タイムリーな案内ができることも。
定期的な情報発信に加えて、ゲリラ的な割引案内で既存顧客の再来店につなげましょう。

03

お店のDXを推進

ショップカード(スタンプカード、会員証)やクーポン券の配信、その分析なども対応

地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき3つの理由_東京都江戸川区で広告するなら京葉十二社広告社 (1)


お店でスタンプカードなどは使用していますか?

割引券付きのチラシやクーポン券を配布したことはありますか?

利用する中で、どれくらいのお客さんがどれくらい利用しているか把握していますか?

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)というワードを目にする機会が多いと思いますが、こういった紙で作業していたり、分析できていないもの(または分析を手作業で行って膨大な時間を要していること)をデジタルを活用して効率化していくことを指しています。

スタンプカードもクーポン券も、印刷に多少なりとも費用が掛かっていると思います。そのコストも削減できて、簡単に分析できる。

 
集客にも使えて、顧客コミュニケーションに活用でき、DXも推進できる。しかも無料。
 

使わない手はないですね。


04

まとめ

地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき

地域密着型のお店こそLINE公式アカウントを開設するべき3つの理由_東京都江戸川区で広告するなら京葉十二社広告社 (2)

 

宣伝や広告、集客はお金がかかる無料でやるならSNSしかない。けど継続的に発信するのは大変。


そんな方に圧倒的におすすめなのが
LINE公式アカウントを使って無料で集客をすることです。

新規顧客の開拓ではありませんのでその点は注意しなければなりませんが、うまく活用できれば営業時間なども自動返答してくれるように設定ができるので、月に1~2回の情報発信(クーポン配信)などだけで手間や負担なく始めることができます。

地域密着型のお店は繁華街のお店と異なり、地元住民に足繁く通ってもらうことが商売繁盛の肝になります。
その点、LINE公式アカウントは既に来店したことのある顧客に対して、非常に効果的に再来店を促すことができるツールですので、とても相性が良いものとなります。


ただし運用を始めるときにはいろいろと設定作業があったり、実際にお客さんに友だち追加を促したしなければならないので、最初は苦労することも多いと思います。

ぜひ根気強く取り組んでいただければと思います。


江戸川区・街の広告屋にぜひご相談ください。


弊社は「まいぷれ江戸川区」を運営しており、江戸川区内の事業や店舗、江戸川区の制度に詳しい広告代理店です。

・もっと集客方法について知りたい!
・LINE公式アカウントをもっと使いこなすサポートをしてほしい!
・LINEで予約受付なども含めてIT化を推進したい!

広告に関する疑問はもちろん、経営や運営の効率化に関してもご提案できることもありますので、ぜひご相談ください。
江戸川区内であれば、直接お伺いいたします。(もちろんオンラインも◎)

サービス内容を見る


トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム